World Ranking
素敵な洋楽ランキング
search
最終更新:
20代に人気の洋楽アーティストランキング【2023】

20代に人気の洋楽アーティストランキング【2023】

Apple MusicやSpotifyなど、ストリーミングサービスのおかげで、いつでもどこでも海の外の音楽を聴ける時代になりましたよね。

この記事では、20代の間で人気の洋楽アーティストたちをランキングの形でお届けします!

もくじ

1位|Miley Cyrus(マイリー・サイラス)

FlowersMiley Cyrus

『Flowers』はマイリー・サイラスの2023年の大ヒット曲で、力強いハスキーボイスとファンク調のポップチューンが特徴です。

クラブや音楽フェスで盛り上がること間違いなく、心に訴えかける歌詞で自己肯定感を熱く歌い上げます。

日本でもテレビやラジオで耳にする機会が多く、洋楽ファンだけでなく、普段洋楽を聴かない方でも楽しめる1曲です。

もともとバラードソングの予定だったが、ダンスチューンへと変わった経緯も興味深いポイントで、20代女性に人気の洋楽として要チェックです。

RAG MUSIC 編集部

Party In The U.S.A.Miley Cyrus

おしゃれ番長、マイリー・サイラスのパーティーチューンです。

MV中でマイリー・サイラスが車の上に乗って歌ったりその周りで踊っている人たちがいたりとパーティーをアメリカらしく表現しておりとてもお洒落に仕上がっています。

RiverMiley Cyrus

20代女性に人気の洋楽『River』は、マイリー・サイラスさんの楽曲で、爽やかなシンセサイザーと80年代シンセポップやシンセウェイブを取り入れたリバイバルサウンドが特徴です。

現代的な要素と見事に融合され、幅広い世代から支持されています。

SNSやカラオケでも盛り上がりが期待でき、ダンスにも取れる曲として人気があります。

アップリフティングなメロディーが20代女性の心を躍らせるのが魅力で、ディズニーチャンネルを経てアーティストとして成功したサイラスさんが、2020年代に入り、音楽性を磨いてリリースしています。

『River』はオリジナリティ溢れる楽曲で、カラオケで大いに盛り上がることが期待できる一曲です。

その魅力をぜひ自分で体験してみてください。

RAG MUSIC 編集部

2位|

Fly Girl (ft. Missy Elliott)FLO

イギリスの実力派女性R&Bグループ、フローとミッシー・エリオットさんがコラボした『Fly Girl(ft. Missy Elliott)』は、2000年代の上品なR&Bと現代のスロウジャムが融合した洗練されたサウンドで魅力的な曲です。

特に後半のオールドスクール風ラップパートが歌いやすさも兼ね備えています。

音楽イベントやカフェで人気のあるこの曲は、20代女性から特に支持されておりますが、アーティスト名はまだ広く知られていません。

『Fly Girl(ft. Missy Elliott)』を聴いて、フローの魅力を是非感じてください。

オシャレで元気が出るこの楽曲は、日常の潤いを与えてくれるでしょう。

RAG MUSIC 編集部

3位|Beyoncé(ビヨンセ)

CUFF ITBeyoncé

『CUFF IT』は、ビヨンセさんの名曲で恋に仕事に忙しい20代女性にオススメの曲です。

軽快なリズムといたずらっぽい歌詞が楽しめるアップテンポなナンバーで、デートやパーティーなどさまざまな場面で盛り上がること間違いなし。

ビヨンセさんの艶やかな歌声とナイル・ロジャースさんのファンキーなカッティングギターが魅力的なサウンドを生み出し、ダンスフロアで大盛り上がりするでしょう。

音楽フェスやクラブで楽しめるだけでなく、イベントでも活躍すること間違いなしの名曲『CUFF IT』をお試しいただくことで、デートや友人の結婚式、パーティーがさらに盛り上がることでしょう。

是非お楽しみに!

RAG MUSIC 編集部

FormationBeyoncé

デスティニーズ・チャイルドの1人としてデビューしたビヨンセ。

グループ時代から人気は凄いものがあり、ソロになってからはグラミー賞で最優秀楽曲賞を含む6部門を獲得し、女性アーティスト史上最多新記録を樹立しました。

圧巻のパフォーマンスとその美貌は、もはや史上最強のヒロインです。

DIE WITH YOUBeyoncé

アメリカのアーティストであるBeyonceによって、2017年にリリースされたバラード。

彼女と夫のJay-Zの、結婚7周年を記念して制作されました。

2年後の9回目の結婚記念日には、新しいバージョンのミュージック・ビデオがリリースされています。

続きを読む
続きを読む