World Ranking
素敵な洋楽ランキング
search

人気の洋楽。最新ランキング【2023】

人気の洋楽ランキングから視聴回数が多い順にランキングトップ100を一挙にご紹介!

「このアーティスト、最近流行っているけれど誰なんだろう?」ということ、よくありますよね。

とくに洋楽はアーティスト名や、曲の内容は少し聴いただけではわからないなんてこともよくあります。

レビューを参考にぜひ人気ソングの世界に引き込まれてみてください!

プレイリストも毎週更新中です!

人気の洋楽。最新ランキング【2023】

People (Check On Me)Libianca

アメリカ出身のシンガー、リビアンカさん。

彼女はNBCのオーディション番組『The Voice』、シーズン21にも出演しており、全米ビルボードに新しく作られらたアフロビーツチャートで2位にもランクインにした実力派のアーティストです。

そんな彼女の『People(Check On Me)』は、メロウなビートに「人はたくさんいるけど、しょせんみんな他人なのよね」というアンニュイな歌詞がよく合っています。

おしゃれでダウナーな洋楽を聴きたい人にオススメですよ!

ユウキ

Shape of My HeartSting

イギリスを代表するシンガー・ソングライター、スティングさん。

1970年代はポリスという世界中で大ヒットを連発したバンドをひきいており、現在にいたるまで常にシーンの最前線で活躍を続ける、イギリスのなかでも屈指の実力派です。

そんな彼の作品のなかでも、特にオススメしたいバラードがこちらの『Shape of My Heart』。

映画『レオン』のテーマソングとしても知られていますね。

ポーカープレイヤーを歌った曲なのですが、レオンの奥底にある愛情や人間性も感じられる曲ですので、ぜひ映画と合わせてチェックしてみてください。

Ryo

Blinding LightsThe Weeknd

メルセデス・ベンツのCMにも起用された、カナダ出身のシンガーであるザ・ウィーケンドさんが2018年にリリースした楽曲。

この曲は、「君がいなくなったら目がかすむ」「信用できるのは君しかいない」などと「君」を追い求める彼の心情が語られてます。

80年代のシンセサウンドが特徴的で、途中で曲がスローモーションになるなどのユーモアも携えています。

心地よいテンポ感で曲が進み、思わず口ずさみたくなるような楽曲です!

HATSUMI

UntitledD’Angelo

ネオ・ソウルのパイオニア、ディアンジェロさん。

ネオ・ソウルはソウル・ミュージックにヒップホップ、ジャズ、ファンクといったジャンルをミックスさせた新しいジャンルで、1990年代の彼の存在は多くのアーティストに影響を与えました。

そんな彼の名曲が、こちらの『Untitled』。

代表的な作品の1つで、情熱的なギターのイントロがひびきます。

3拍子からなる構成で、このイントロだけですら、ネオ・ソウルの魅力がたっぷりとつまっていますね。

Ryo

Me and YouCentral Cee

日本語訳が付いた90年代風のアートワークでも話題なのが『Me and You』です。

日本人なら思わず目を止めてしまいますよね。

こちらはイギリスのラッパー、セントラル・シーさんが手掛けた作品で、硬派な恋愛観についてラップされています。

ちなみに、聴いているとサンプリングされた音声が気になってくると思います。

あれは、ドネル・ジョーンズさんの『Shorty』なんですよ。

そちらを聴いておくと、込められたメッセージをより深く感じられそうです。

山本

what would you do?Tate McRae

10代の若者に人気のカナダのシンガーソングライター、テイト・マクレーの『what would you do?』は中学生にオススメの洋楽の一つです。

「what would you do?」は日本語では「あなたならどうするの?」という意味になり、この「would」の使い方は英語の授業で習ったばかりという方もいらっしゃるかもしれません。

この曲は中学でつまずきやすい、ちょっと難しい助動詞などの文法を自然に身につけられるので、中学生の方はぜひ英語の勉強にも活用してみてくださいね!

ユウキ

Sweet Child o’ MineGuns N’ Roses

全世界で1億枚以上の売り上げを記録した、伝説のロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズ。

日本でもロックが好きな方であれば、誰でも知っている、有名なバンドですね。

彼らの魅力はなんといっても、王道のハードロック・サウンド。

とにかくハードロックが好きな方に突き刺さる、ストレートな表現やサウンドが魅力的です。

こちらの『Sweet Child o’ Mine』は、そんな彼らの名曲で、1987年にリリースされました。

Ryo